メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

福島から聖火 「浜通りを元気に」 64年ランナーの矢吹さん

白河市内を走る聖火ランナーの矢吹正男さん。沿道には大勢が詰めかけた=福島県白河市で1964年9月30日(矢吹さん提供)

 2020年東京五輪の聖火リレーの出発地に東日本大震災の被災地である福島県が選ばれた。12日に発表した大会組織委員会は復興の後押しとなることを望んでいる。1964年東京五輪で聖火ランナーだった福島県矢吹町の元JA職員、矢吹正男さん(71)は「被災した人たちが少しでも元気になるような聖火リレーになってほしい」と、次世代を担う福島の若者が走る姿を楽しみにしている。【尾崎修二】

 県南部の白河市にある県立白河農工高校(現白河実業高校)の陸上部員で、当時3年生だった矢吹さんは、同…

この記事は有料記事です。

残り1449文字(全文1686文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏支持へ
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです