メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

聖火リレー出発地 福島の今、発信したい 64年ランナーの矢吹さん

 2020年東京五輪の聖火リレーの出発地に東日本大震災の被災地である福島県が選ばれた。12日に発表した大会組織委員会は復興の後押しとなることを望んでいる。1964年東京五輪で聖火ランナーだった福島県矢吹町の元JA職員、矢吹正男さん(71)は「被災した人たちが少しでも元気になるような聖火リレーになってほしい」と、次世代を担う福島の若者が走る姿を楽しみにしている。【尾崎修二】

 県南部の白河市にある県立白河農工高校(現白河実業高校)の陸上部員で、当時3年生だった矢吹さんは、同…

この記事は有料記事です。

残り1437文字(全文1674文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです