メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火リレー

「浜通りを元気に」64年ランナー矢吹さん

中継地点で次の走者にトーチの火を託す当時高3の矢吹正男さん(右のランニングシャツ)。白河市中心部の沿道には大勢が詰めかけた=福島県白河市で1964年9月30日(矢吹さん提供)

 2020年東京五輪の聖火リレーの出発地に東日本大震災の被災地である福島県が選ばれた。12日に発表した大会組織委員会は復興の後押しとなることを望んでいる。1964年東京五輪で聖火ランナーだった福島県矢吹町の元JA職員、矢吹正男さん(71)は「被災した人たちが少しでも元気になるような聖火リレーになってほしい」と、次世代を担う福島の若者が走る姿を楽しみにしている。【尾崎修二】

 県南部の白河市にある県立白河農工高校(現白河実業高校)の陸上部員で、当時3年生だった矢吹さんは、同…

この記事は有料記事です。

残り1492文字(全文1729文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです