メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

26年冬季五輪

札幌市招致活動継続 意見交換会で市長 事前アンケは撤回 /北海道

 札幌市の冬季五輪招致を巡り、市とJOC(日本オリンピック委員会)、道や関係団体の意見交換会が15日、市内で開かれた。秋元克広市長は2026年五輪の招致活動を継続すると表明した一方、26年大会に正式に立候補する場合、事前に市民アンケートで賛否を問うとしていた従来の方針を撤回した。立候補するかどうかの最終判断は10月までに先送りした。【野原寛史、荻野公一、真貝恒平】

 市と道、JOCの3者が招致を巡り顔をそろえるのは初めて。意見交換会にはこのほか関係自治体や経済・競…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文727文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです