メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京へ跳べ

/上 東京パラリンピックに走り幅跳びで挑む 芦田創さん 「甘え」指摘に目覚め /兵庫

自己記録7メートル15は日本選手権の参加標準記録Aまで、あと60センチ。突破に向けて「まずは助走スピードを上げたい」と語る芦田創選手=東京都千代田区で、望月靖祥撮影

21日「トヨ〓パラ」に登場 芦田創さん(24)

 2020年東京パラリンピックに向けてパラスポーツ(障害者スポーツ)の魅力を広く発信しようと、神戸市中央区のワールド記念ホールで21日、体験型イベント「トヨ〓パラ スポーツフェスティバル」(県オールトヨタ主催、吉本興業共催)が開かれる。メインステージでのトークショーには、丹波市出身で東京パラリンピック走り幅跳びでの金メダルが期待されている芦田創(はじむ)選手(24)=トヨタ自動車=も出演し、会場を盛り上げる。開催を前に、芦田選手に自身の歩みやパラスポーツへの思いなどを語ってもらった。【聞き手・望月靖祥】

 --5歳のころ右腕に腫瘍ができ、何度も手術を繰り返したそうですね。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  2. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです