メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

GoodCoach・2020への歩み 代表選考、今も試行錯誤 水鳥寿思・体操男子強化本部長

 <東京五輪まであと738日・パラリンピックまであと770日>

 最近のスポーツ界は指導者によるパワーハラスメントが相次いで表面化し、指導のあり方が問われている。月刊東京五輪では、新シリーズ「Good Coach 2020への歩み」を随時掲載し、指導者が大切にしている理念、強化のポイントなどを紹介する。初回は、2004年アテネ五輪体操男子団体総合金メダルメンバーで、16年リオデジャネイロ五輪は監督としてチームを12年ぶりの男子団体金メダルへ導いた日本体操協会の水鳥寿思・男子強化本部長(37)。伝統競技を引っ張るリーダーとして、選手選考方法を改革した狙いなどを聞いた。【構成・円谷美晶】

 日本には、「6種目やってこそ体操」という伝統的な考え方があります。でも、これからは6種目をまんべん…

この記事は有料記事です。

残り2554文字(全文2898文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです