メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

西日本豪雨、事前合宿のメキシコ選手にも影響 福山 /広島

メキシコ代表選手の指導で壁に挑む子供=広島県福山市で2018年7月4日、松井勇人撮影

 西日本豪雨は、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた事前合宿で福山市に滞在していたメキシコ選手団にも影響。企業施設での練習や文化交流をした選手たちが、日程変更などを余儀なくされた。

 市内には6月21日から、スポーツクライミングとバドミントン両競技の選手とコーチら27人が合宿。終盤の7月4日にはクライミング選手団の交流会があり、見学に訪れた市民らに選手が登り方を指導したり、音楽に合わせて踊ったりして交流を深めた。メキシコ山岳スポーツ協会のアルフレッド・ベラスケス・イニゲス会長(56)は「4施設で…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです