メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

野球、変則方式に 敗者復活から金も 「消化試合」なくす狙い

東京五輪の野球の大会方式

 2020年東京五輪の競技日程で、約2年にわたり協議が難航していた野球の日程や大会方式が18日、スイス・ローザンヌで開催された国際オリンピック委員会(IOC)理事会で承認された。【田原和宏】

 6カ国・地域が2組に分かれて1次リーグ各3試合を実施後、敗者復活を含めた変則的なトーナメント10試合の計16試合で争う異例の方式。大会終盤までメダルの可能性を残して「消化試合」をなくし、盛り上げる狙いがある。

 大会方式は、試合数の増加を求めて6チームの総当たり戦を主張した世界野球ソフトボール連盟(WBSC)…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文624文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  2. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
  5. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです