メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

「ねぎライフル」で遊ぼう 朝霞の射撃競技、県と東洋大で盛り上げ /埼玉

3Dプリンター使い実際にビーム

 2020年東京五輪・パラリンピックの射撃競技が陸上自衛隊朝霞訓練場で開催されることにちなみ、県南西部地域振興センター(朝霞市)は東洋大(同)と共同で、県特産のネギをモチーフにした「ねぎライフル」を制作した。射撃の認知度向上などが狙いで、3Dプリンターで作ったねぎの模型から実際にビームを発射できる。地域のイベントなどで遊んでもらうといい、同センターの島田厚副所長は「行政の発想を超えたものを提案してもらった」と学生らのアイデアに感謝した。【橋本政明】

 同センターと地域振興の覚書を交わしている東洋大ライフデザイン学部人間環境デザイン学科(柏樹良准教授…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文720文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです