メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

「ソフト先行 野球を後に」 球界「希望かなった」 敗者復活ある変則トーナメント採用

 2020年東京五輪の日程などの調整で難航していた野球・ソフトボールは、ソフトボール(7月22~28日)が先、野球(同29~8月8日)が後に行われることで落ち着いた。また、野球では、敗者復活を含めた変則の決勝トーナメントが採用され、日本のプロ野球界の思いは複雑だ。

 特に、日程に関して、日本野球機構(NPB)は20年も1シーズン143試合を維持することや、東京五輪に伴い、レギュラーシーズンを中断する方針を固めていた。その後、大会組織委側が野球を先に行うプランを提示。この場合、日本代表の招集の前倒しやレギュラーシーズンの中断期間の拡大が避けられなかったため、NPBは野球を後にする日程を世界野球ソフトボール連盟(WBSC)や大会組織委に強く要望。その懸念が払拭(ふっしょく)される形で決…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです