メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

プロ野球界、長丁場に困惑 日程決定

東京五輪の野球の大会方式

 2020年東京五輪の日程などの調整で難航していた野球・ソフトボールは、ソフトボール(7月22~28日)が先、野球(同29~8月8日)が後に行われることで落ち着いた。また、野球では、敗者復活を含めた変則の決勝トーナメントが採用され、日本のプロ野球界の思いは複雑だ。

 特に、日程に関して、日本野球機構(NPB)は20年も1シーズン143試合を維持することや、東京五輪に伴い、レギュラーシーズンを中断する方針を固めていた。その後、大会組織委側が野球を先に行うプランを提示。この場合、日本代表の招集の前倒しやレギュラーシーズンの中断期間の拡大が避けられなかったため、NPBは野球を後にする日程を世界野球ソフトボール連盟(WBSC)や大会組織委に強く要望。その懸念が払拭(ふっしょく)される形で決着し、斉藤惇コミッショナーは「希望がかなった。感謝している」と安堵(あんど)した。

 変則の決勝トーナメントの採用については、試合数を増やしたいWBSCとコストの削減を重視する大会組織…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文989文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです