メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

お手ごろ入場券、半数8000円以下 来春販売開始

東京五輪のチケット価格帯※7月20日現在

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、五輪の入場券価格の概要を発表した。全体の半数以上を8000円以下に抑えて価格にメリハリをつけたのが特徴。「お手ごろ価格」で、満員の観客席を目指す。19年春に販売を開始する予定。

 一般入場券の最高価格は開会式の30万円で、最低はサッカーやラグビーの1次リーグなど8競技の2500円。バスケットボールやテニスなども3000円から観戦できる。

 日本のメダル有望競技の柔道やレスリング、卓球は12年ロンドン五輪や16年リオデジャネイロ五輪より最…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文531文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです