メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成田空港

使いやすく保安強化 「五輪の表玄関」準備着々

大会に向けて設置される選手団専用の臨時ターミナルのイメージ図=成田国際空港会社提供

 2020年東京五輪開幕まで24日であと2年。成田空港を運営する成田国際空港会社(NAA)は、選手団専用の臨時ターミナル設置や保安検査体制強化、ユニバーサルデザインの充実などに総額337億円を投じる。NAAは「多くの選手や観客を安全で円滑に受け入れ、送り出すことが求められる」とし、着々と準備を進めている。

 NAAは大会期間中(五輪20年7月24日~8月9日、パラリンピック同8月25日~9月6日)、選手や…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文873文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです