メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

2度目の「東京」挑戦 馬術・77歳の法華津、体力の限り

2度目の東京五輪出場に意欲を見せる法華津寛=東京都内で2018年6月8日、宮本明登撮影

 2020年東京五輪は、24日で開幕まで2年となる。地元開催の五輪を目指す動きが活発化する中、2度目の「東京」に意欲を見せる選手もいる。1964年大会に出場した馬場馬術の法華津寛(ほけつひろし)、77歳だ。出場すれば79歳で、五輪史上最高齢記録を更新する法華津は「再び五輪が東京に戻ってくるのは感慨深い。体力が続く限り挑戦したい」と語る。

 64年10月24日、東京五輪最終日。閉幕ムードが漂う中、法華津は障害飛越の21番目に登場して国立競…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文857文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋
  3. ORICON NEWS 是枝裕和監督、樹木希林さんの思い出ある映画祭で涙のスピーチ
  4. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
  5. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです