メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

馬術の法華津 2度目の東京へ 出場なら79歳

2度目の東京五輪出場に意欲を見せる法華津寛=東京都内で2018年6月8日、宮本明登撮影

 2020年東京五輪は、24日で開幕まで2年となる。地元開催の五輪を目指す動きが活発化する中、2度目の「東京」に意欲を見せる選手もいる。1964年大会に出場した馬場馬術の法華津寛(ほけつひろし)、77歳だ。出場すれば79歳で、五輪史上最高齢記録を更新する法華津は「再び五輪が東京に戻ってくるのは感慨深い。体力が続く限り挑戦したい」と語る。【村上正】

 64年10月24日、東京五輪最終日。閉幕ムードが漂う中、法華津の五輪が始まった。当時の五輪憲章では…

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1017文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです