メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

日程、設備、観客・ボランティア・・・猛暑対策の問題点を検証

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、「酷暑五輪」への対策として屋外競技の開始時間を早朝に繰り上げ、国際オリンピック委員会(IOC)に承認された。だが、大会が開かれる7月24日~8月9日は例年暑さがピークに達する時期だ。今年も記録的猛暑で7月中旬の午前8時には東京都心の気温が30度に達し、熱中症患者の救急搬送が急増している。選手や観客の命は守れるのか。

【和田浩幸、宇多川はるか/統合デジタル取材センター、斎藤有香/科学環境部】

この記事は有料記事です。

残り2222文字(全文2442文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  3. 大阪府警 出会い系売春あっせん24人逮捕 大規模組織か
  4. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです