メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

日程、設備、観客・ボランティア・・・猛暑対策の問題点を検証

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、「酷暑五輪」への対策として屋外競技の開始時間を早朝に繰り上げ、国際オリンピック委員会(IOC)に承認された。だが、大会が開かれる7月24日~8月9日は例年暑さがピークに達する時期だ。今年も記録的猛暑で7月中旬の午前8時には東京都心の気温が30度に達し、熱中症患者の救急搬送が急増している。選手や観客の命は守れるのか。

【和田浩幸、宇多川はるか/統合デジタル取材センター、斎藤有香/科学環境部】

この記事は有料記事です。

残り2222文字(全文2442文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  2. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  4. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです