メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トークイベント

「小平奈緒選手を迎えて」対談詳報

 --小平さんが信州大に入学した当時は、どんな学生だと感じましたか。

 結城 中2で大学生に交じって全日本ジュニア選手権で初めて優勝し、「初代スーパー中学生」と言われていましたので名前は知っていました。やる気の塊というか、スケートの話をすればグッと鋭い視線でこっちを見て、私の言葉を一字一句聞き漏らしたくないという雰囲気でした。正直、技術は粗削り。「このままの滑りでは世界のトップはない。申し訳ないけど下手くそ。滑りを修正しないと、世界には行けない」と話しました。その時、小平は「先生、私はそれ(世界トップの滑り)をやりたくてここに来ました。たくさん指摘してほしい」と話し、そこからスタートしました。最初の夏は、何をやってもうまくいかず、涙目になりながら「どうすればいいのか」と繰り返していました。

 --中学、高校と全国で活躍し、五輪にも出場してメダルも取りました。順調な選手生活に見えますが。

この記事は有料記事です。

残り5804文字(全文6200文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです