メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トークイベント

「小平奈緒選手を迎えて」対談詳報

 --小平さんが信州大に入学した当時は、どんな学生だと感じましたか。

 結城 中2で大学生に交じって全日本ジュニア選手権で初めて優勝し、「初代スーパー中学生」と言われていましたので名前は知っていました。やる気の塊というか、スケートの話をすればグッと鋭い視線でこっちを見て、私の言葉を一字一句聞き漏らしたくないという雰囲気でした。正直、技術は粗削り。「このままの滑りでは世界のトップはない。申し訳ないけど下手くそ。滑りを修正しないと、世界には行けない」と話しました。その時、小平は「先生、私はそれ(世界トップの滑り)をやりたくてここに来ました。たくさん指摘してほしい」と話し、そこからスタートしました。最初の夏は、何をやってもうまくいかず、涙目になりながら「どうすればいいのか」と繰り返していました。

 --中学、高校と全国で活躍し、五輪にも出場してメダルも取りました。順調な選手生活に見えますが。

この記事は有料記事です。

残り5804文字(全文6200文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  3. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口を塞ぐ妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. ORICON NEWS [ガンプラビフォーアフター]創造力が生んだFAガンダム、「プラモ狂四郎」が果たした“ガンプラ脳変革”

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです