メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕まで2年 伊藤華英さん現場を歩く(その1) 祭典の舞台 熱戦間近に

東京都新宿区にある新国立競技場をルポする伊藤華英さん=6月21日、宮本明登撮影

 2020年東京五輪は24日で開幕まで残り2年となった。主会場となる新国立競技場の建設も進み、大会理念の一つとなる「復興五輪」も内容が固まりつつある。五輪に2大会出場した元競泳女子日本代表で、大会組織委員会の戦略広報課担当係長の伊藤華英さん(33)が現場を訪ね、徐々に大きくなってきた祭典の足音を感じ取った。

この記事は有料記事です。

残り1874文字(全文2028文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです