メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕まで2年 伊藤華英さん現場を歩く(その2止) 古里誇りに 地元の挑戦

東京五輪のサーフィン競技会場となる釣ケ崎海岸を歩く伊藤華英さん=千葉県一宮町で6月19日、宮間俊樹撮影

最高の波と笑顔出迎え @千葉県一宮町(サーフィン)

 太平洋を望み、緩やかな弧を描く九十九里浜の南に位置する千葉県一宮町。東京五輪のサーフィン会場に選ばれた人口約1万2000人の町は期待と不安を抱えながら開幕2年前を迎えている。

 「サーフィンの町」を掲げていた一宮町は、サーフィンが五輪追加競技の候補になった2015年6月から誘致に名乗りを上げた。政府へ地元開催を要望し、住民らと一丸となって海岸の清掃活動に取り組んだ。

 吉報が届いたのは16年12月。国際オリンピック委員会(IOC)理事会で追加競技に決定していたサーフ…

この記事は有料記事です。

残り1592文字(全文1851文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  2. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  3. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  4. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  5. 名古屋城復元 工期遅れ決定的に 有識者会議、解体方法を否定

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです