メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕まで2年 お家芸、7階級金狙う 世界を知り、己を知る 柔道男子日本代表・井上康生監督

東京五輪に向けた選手強化の現状などを語る柔道男子日本代表の井上康生監督=佐々木順一撮影

 2020年東京五輪の開幕まで、24日で2年となる。地元開催の五輪で「お家芸」として活躍が期待されるのが柔道だ。12年ロンドン五輪で日本男子は史上初の金メダルゼロに終わったが、復活を託された井上康生監督(40)の下、16年リオデジャネイロ五輪では全7階級で表彰台に立った。柔道ニッポンを率いる井上監督に、強化の現状と東京五輪での目標などを聞いた。【聞き手・松本晃】

 --20年まで残り2年。現状の手応えは。

この記事は有料記事です。

残り1846文字(全文2049文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです