メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕まで2年 お家芸、7階級金狙う 世界を知り、己を知る 柔道男子日本代表・井上康生監督

東京五輪に向けた選手強化の現状などを語る柔道男子日本代表の井上康生監督=佐々木順一撮影

 2020年東京五輪の開幕まで、24日で2年となる。地元開催の五輪で「お家芸」として活躍が期待されるのが柔道だ。12年ロンドン五輪で日本男子は史上初の金メダルゼロに終わったが、復活を託された井上康生監督(40)の下、16年リオデジャネイロ五輪では全7階級で表彰台に立った。柔道ニッポンを率いる井上監督に、強化の現状と東京五輪での目標などを聞いた。【聞き手・松本晃】

 --20年まで残り2年。現状の手応えは。

この記事は有料記事です。

残り1846文字(全文2049文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです