メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕まで2年 勇気の聖火、被災地に 1964年大会、最終聖火走者の弟 復興象徴、市民に光

坂井義則さん

 2020年東京五輪は24日で開幕2年前となった。テーマに東日本大震災からの「復興」を掲げるが、国内では自然災害が相次ぎ、今月も西日本は豪雨で甚大な被害を受けた。1964年の東京五輪の最終聖火走者で14年に亡くなった坂井義則さんの弟、孝之さん(71)=広島市在住=は「(2年後に)聖火リレーが被災地を少しでも元気づけてもらえたら」と願いをこめる。

 最終走者だった義則さんは広島に原爆が投下された45年8月6日、広島県三次市で生まれた。陸上短距離の…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文721文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです