メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕まで2年 勇気の聖火、被災地に 1964年大会、最終聖火走者の弟 復興象徴、市民に光

坂井義則さん

 2020年東京五輪は24日で開幕2年前となった。テーマに東日本大震災からの「復興」を掲げるが、国内では自然災害が相次ぎ、今月も西日本は豪雨で甚大な被害を受けた。1964年の東京五輪の最終聖火走者で14年に亡くなった坂井義則さんの弟、孝之さん(71)=広島市在住=は「(2年後に)聖火リレーが被災地を少しでも元気づけてもらえたら」と願いをこめる。

 最終走者だった義則さんは広島に原爆が投下された45年8月6日、広島県三次市で生まれた。陸上短距離の…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文721文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 絢子さま婚約内定 プロポーズ「あまりに突然でしたが…」
  3. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  4. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです