メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外J1昇格は松本と大分
20年東京五輪

開幕まで2年 県民と共に戦い勢いを 野球・稲葉監督とソフト女子・宇津木監督ら、福島でトークショー /福島

 2020年東京五輪の開幕まで2年となった24日、野球とソフトボールの開幕試合が開催される県営あづま球場がある福島市で、野球日本代表の稲葉篤紀監督とソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督、内堀雅雄知事らによるパネルディスカッションが開かれた。両監督は福島で県民と共に戦って勢いに乗りたいと語り、「復興五輪」成功への意気込みを新たにした。【柿沼秀行】

 大会組織委員会の2年前カウントダウンイベントの一環で、県が主催。県や各市町村などでつくる大会の推進…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文682文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです