メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕まで2年 県民と共に戦い勢いを 野球・稲葉監督とソフト女子・宇津木監督ら、福島でトークショー /福島

 2020年東京五輪の開幕まで2年となった24日、野球とソフトボールの開幕試合が開催される県営あづま球場がある福島市で、野球日本代表の稲葉篤紀監督とソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督、内堀雅雄知事らによるパネルディスカッションが開かれた。両監督は福島で県民と共に戦って勢いに乗りたいと語り、「復興五輪」成功への意気込みを新たにした。【柿沼秀行】

 大会組織委員会の2年前カウントダウンイベントの一環で、県が主催。県や各市町村などでつくる大会の推進…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文682文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
  4. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に
  5. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです