メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

クリーン五輪へ巻物リレー 日本アンチ・ドーピング機構企画 選手ら、信念書き記す

トーチに見立てた巻物に、競技に対する思いを記す大池

 2020年東京五輪・パラリンピックで、クリーンな大会の実現を目指す日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が、独自の啓発活動を続けている。政府が大会招致の際に掲げた国際貢献事業の一環で、インターネット上で、世界各国の模範となる選手らが自らの信念をつづった巻物をトーチに見立ててリレーする。大会時に冊子にまとめ、選手村で配布することを検討している。【田原和宏】

 この企画は15年に始まり、これまで04年アテネ五輪陸上男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治さんら…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 奈良の6人死亡バイク事故 死亡した少年1人を書類送検へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです