メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

初戦は福島、強い気持ちで 野球・稲葉、ソフト・宇津木両監督が視察

2020年東京五輪の会場となる福島県営あづま球場を視察した野球日本代表の稲葉篤紀監督(左)とソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督=福島市の福島県営あづま球場で2018年7月24日午前11時23分、細谷拓海撮影

 2020年東京五輪開会式まで2年となった24日、野球の日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督とソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督が、会場となる福島県営あづま球場を視察した。

 全競技に先駆けて同球場で開幕戦を戦う宇津木監督は「緊張しながら、わくわくしながら、この2年をどう過ごしていこうかと思った」と心境を語り、稲葉監督は「初…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです