メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment’18夏

東京五輪まで2年/3 迎える街、喜びの輪

 2020年東京五輪で住民と海外選手らが交流を図るホストタウンの動きが活発化してきた。山形県の中央に位置する村山市は16年12月にホストタウンに登録され、17年から金メダルを目指す新体操のブルガリア代表の事前合宿を受け入れている。人口約2万4000人の地方都市で市民らによるファンクラブも発足して盛り上がる成功例に、全国からの問い合わせもひっきりなしだ。

 「ダーバイ(頑張れ)、ダーバイ、ブルガリア」。今年6月に行われた事前合宿の最後の夜、ファンクラブが…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文966文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです