メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

野球の稲葉監督「福島県民とともに戦いたい」

あづま球場で開幕戦を迎える意気込みを語る野球日本代表の稲葉篤紀(左)とソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督(中央)。右は内堀雅雄知事=福島市太田町で2018年7月24日、柿沼秀行撮影

 2020年東京五輪の開幕まで2年となった24日、野球とソフトボールの開幕試合が開催される県営あづま球場がある福島市で、野球日本代表の稲葉篤紀監督とソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督、内堀雅雄知事らによるパネルディスカッションが開かれた。両監督は福島で県民と共に戦って勢いに乗りたいと語り、「復興五輪」成功への意気込みを新たにした。【柿沼秀行】

 大会組織委員会の2年前カウントダウンイベントの一環で、県が主催。県や各市町村などでつくる大会の推進…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです