メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment’18夏

東京五輪まで2年/4 ボランティア、どう発掘

2020年に都市ボランティアとして活動する仲間たちと集まる尾高さん(中央)=千葉市美浜区で

 2020年東京五輪の「顔」と言われるボランティアの募集が9月から始まる。過去最大規模の約11万人となるが、人材の確保に大会組織委員会と開催自治体は頭を悩ませる。

 組織委は会場内の案内や競技運営を支える「大会ボランティア」を8万人募る。東京都は観光案内を務める「都市ボランティア」を3万人募集する。参考にした12年ロンドン五輪は合わせて7万8000人。東京五輪は史上最多の33競技339種目が実施され、会場も9都道県に広域化したことで、規模が膨らんだ。さらに他の開催自治体でもボランティアを募集するため、規模は膨らむ見通しだ。

 「ブラック」「やりがい搾取」--。今年3月に大会ボランティアの募集要項案が発表されると、厳しい言葉…

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1057文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです