メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

「聖火ルート 県らしさを」 検討委が第1回会議 /千葉

 2020年東京五輪・パラリンピック聖火リレーの県内ルートを検討する委員会(会長・滝川伸輔副知事)の第1回会議が26日、県庁で開かれた。

 大会組織委員会などから県に割り当てられた日程は7月2~4日。この日の会議では、県内ルートの距離は3日間で計約48キロ(1日約16キロ)となり、18区間(1日6区間)に分けて、総勢約240人のランナーが走るとの想定が示された。

 滝川副知事は会議で、「聖火が通過する市町村だけでなく周辺地域も一体となって盛り上がるよう、千葉県ら…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文487文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです