メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

「聖火ルート 県らしさを」 検討委が第1回会議 /千葉

 2020年東京五輪・パラリンピック聖火リレーの県内ルートを検討する委員会(会長・滝川伸輔副知事)の第1回会議が26日、県庁で開かれた。

 大会組織委員会などから県に割り当てられた日程は7月2~4日。この日の会議では、県内ルートの距離は3日間で計約48キロ(1日約16キロ)となり、18区間(1日6区間)に分けて、総勢約240人のランナーが走るとの想定が示された。

 滝川副知事は会議で、「聖火が通過する市町村だけでなく周辺地域も一体となって盛り上がるよう、千葉県ら…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文487文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです