メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

「聖火ルート 県らしさを」 検討委が第1回会議 /千葉

 2020年東京五輪・パラリンピック聖火リレーの県内ルートを検討する委員会(会長・滝川伸輔副知事)の第1回会議が26日、県庁で開かれた。

 大会組織委員会などから県に割り当てられた日程は7月2~4日。この日の会議では、県内ルートの距離は3日間で計約48キロ(1日約16キロ)となり、18区間(1日6区間)に分けて、総勢約240人のランナーが走るとの想定が示された。

 滝川副知事は会議で、「聖火が通過する市町村だけでなく周辺地域も一体となって盛り上がるよう、千葉県ら…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです