メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

「復興した姿を世界に」 被災3県と組織委、意見交換 /宮城

 2020年東京五輪の聖火の到着地が東松島市となる方針が決まった。大会組織委員会の森喜朗会長が30日、福島県のJヴィレッジで開いた理事会で明らかにした。理事会前の岩手、宮城、福島の東日本大震災の被災3県による意見交換会に出席した宮城県の佐野好昭副知事は「全国と全世界に復興支援への感謝の気持ちをお伝えしたい」と歓迎した。

 ギリシャで採火された聖火は東松島市の航空自衛隊松島基地に到着する。その後「復興の火」として被災3県…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文500文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 福岡市 ロープウエー構想 博多港WF→博多駅→須崎公園
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです