メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ロゴ入りTシャツでホストタウンPR 市職員ら着て執務 橿原 /奈良

カザフスタンのホストタウンをPRするTシャツの背中側のデザイン=奈良県橿原市役所分庁舎で、藤原弘撮影

 2020年の東京五輪・パラリンピックで中央アジア・カザフスタンのホストタウンになっている橿原市で30日、市職員らがロゴマーク入りの特製Tシャツを着て執務を始めた。9月25日まで、毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)に続ける。

 Tシャツは紺色で、胸元にロゴマークを、背中にはカザフスタンの国旗も取り入れ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです