メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ロゴ入りTシャツでホストタウンPR 市職員ら着て執務 橿原 /奈良

カザフスタンのホストタウンをPRするTシャツの背中側のデザイン=奈良県橿原市役所分庁舎で、藤原弘撮影

 2020年の東京五輪・パラリンピックで中央アジア・カザフスタンのホストタウンになっている橿原市で30日、市職員らがロゴマーク入りの特製Tシャツを着て執務を始めた。9月25日まで、毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)に続ける。

 Tシャツは紺色で、胸元にロゴマークを、背中にはカザフスタンの国旗も取り入れ…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文311文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです