メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

聖火の到着地は宮城の松島基地 リレー前に3県展示

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は30日、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」で開いた理事会で、ギリシャで採火した聖火の日本の到着地を宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地とする方針を明らかにした。到着後は「復興の火」として東日本大震災で被災した宮城、岩手、福島の3県で巡回展示…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  3. 3分遅刻の結果は5時間中断 桜田氏「心から深くおわび」 衆院予算委
  4. 「とても驚いた」「ぎょっと…」夜間の大揺れに厚真町民 北海道地震
  5. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです