メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング助成金流用

村田諒太、連盟の体制一新を求める

村田諒太さん=根岸基弘撮影

 日本ボクシング連盟が日本スポーツ振興センター(JSC)から交付された助成金を不正流用した疑いがあることについて、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(帝拳)が30日までに自身のフェイスブックで、同連盟の対応を批判した。

     村田は「そろそろ潔く辞めましょう、悪(あ)しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません。新しい世代に交代して、これ以上、自分達の顔に泥を塗り続けることは避けるべきです」と体制の一新を求めた。

     一方、都道府県連盟の有志でつくる「日本ボクシングを再興する会」は30日までに、日本オリンピック委員会(JOC)などに対し、日本ボクシング連盟が不正をしたとする告発状を送付した。告発状では、2016年リオデジャネイロ五輪ボクシング男子ライト級に出場した成松大介(28)=自衛隊=に交付された助成金240万円が、同連盟の山根明会長の指示で別の選手2人に分配されたなどと指摘している。

     JOCは「告発状の中身を見てから判断したい」とコメント。助成金を交付したJSCは「関係機関と協議しながら調査したい」としつつ、「助成金の分配が事実なら、初のケースでは」と話した。【倉沢仁志】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです