メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

聖火到着は宮城・松島基地 被災3県で巡回展示

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長=丸山博撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は30日、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」で開いた理事会で、ギリシャで採火した聖火の日本の到着地を宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地とする方針を明らかにした。到着後は「復興の火」として東日本大震災で被災した宮城、岩手、福島の3県で巡回展示し、リレーは福島県からスタートする。

 森会長は、震災時に松島基地が津波被害を受けながら救援物資の輸送拠点となった点に触れ、「不屈の精神を…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです