メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

聖火到着は宮城・松島基地 被災3県で巡回展示

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長=丸山博撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は30日、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」で開いた理事会で、ギリシャで採火した聖火の日本の到着地を宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地とする方針を明らかにした。到着後は「復興の火」として東日本大震災で被災した宮城、岩手、福島の3県で巡回展示し、リレーは福島県からスタートする。

 森会長は、震災時に松島基地が津波被害を受けながら救援物資の輸送拠点となった点に触れ、「不屈の精神を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 人事 高崎市 /群馬
  3. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 質問なるほドリ オルソケラトロジーって? コンタクトを夜間装用 手術なく視力矯正=回答・林奈緒美

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです