メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

「鎮魂と再生」思い込め 野村さんら会見 復興五輪へ抱負

記者会見に臨む総合統括の野村萬斎さん=東京都港区で2018年7月31日午前9時9分、宮武祐希撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式4式典を演出する総合統括に決まった狂言師の野村萬斎さん(52)らが31日、東京都内で記者会見した。大会は復興五輪を掲げており、野村さんは「鎮魂と再生が重要。日本の精神にのっとった上質なものにしたい」と抱負を語った。

 「鎮魂と再生」に込めた思いについて、野村さんは「戦争や災害という悲しいことから目を背けず、生きていることの幸せをみんなで分かち…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです