メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

「鎮魂と再生の式典に」 統括に萬斎さん

 2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式4式典を演出する総合統括に決まった狂言師の野村萬斎さん(52)らが31日、東京都内で記者会見した。大会は復興五輪を掲げており、野村さんは「鎮魂と再生が重要。日本の精神にのっとった上質なものにしたい」と抱負を語った。

 「鎮魂と再生」に込めた思いについて、野村さんは「戦争や災害から目を背けず、生きていることの幸せを分かち合えたら」と説明した。また、東京五輪の閉会式は「長崎原爆の日」の8月9日で、五輪担当の統括で映画監督の山崎貴さん(54)は「関連づけたことができればいい」と述べた。

 一方、パラリンピック担当の統括でCMディレクターの佐々木宏さん(63)は暑さ対策を意識し「コンパク…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文755文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです