メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

「鎮魂と再生の式典に」 統括に萬斎さん

 2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式4式典を演出する総合統括に決まった狂言師の野村萬斎さん(52)らが31日、東京都内で記者会見した。大会は復興五輪を掲げており、野村さんは「鎮魂と再生が重要。日本の精神にのっとった上質なものにしたい」と抱負を語った。

 「鎮魂と再生」に込めた思いについて、野村さんは「戦争や災害から目を背けず、生きていることの幸せを分かち合えたら」と説明した。また、東京五輪の閉会式は「長崎原爆の日」の8月9日で、五輪担当の統括で映画監督の山崎貴さん(54)は「関連づけたことができればいい」と述べた。

 一方、パラリンピック担当の統括でCMディレクターの佐々木宏さん(63)は暑さ対策を意識し「コンパク…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文755文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです