メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立競技場

整備費27億円増 新たに地中障害物

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の整備費が当初の見込みより27億円膨らむことが3日、政府の関係閣僚会議で報告された。関連経費として旧国立競技場などの解体工事費に55億円を見込んでいたが、新たに地中障害物が発見され、82億円に膨らむという。

 事業主体の日本スポーツ振興センター(J…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文257文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです