メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトボール

ボツワナ代表の日本人コーチ、五輪の夢追う

試合中、マウンドに上がり選手に声をかけるボツワナの中村藍子コーチ=千葉県成田市で2018年8月3日、藤井達也撮影

 千葉県で開かれているソフトボール女子の世界選手権で、アフリカ南部のボツワナ(世界ランキング33位)のコーチとして、同県佐倉市で育った中村藍子さん(39)が里帰りした。3日の初戦は優勝候補の日本(同2位)に0-20で三回コールド負けしたが「これだけたたかれれば明日はもっと良くなる」。見据えるのは2年後の東京五輪。選手ではかなわなかった五輪出場の夢を追い続けている。

 3日夜、同県成田市のナスパ・スタジアム。一回表、日本に3点を先取されたボツワナはその裏、1、2番の…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文990文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです