メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

CO2実質ゼロ実現へ 都も取り組み協力 /東京

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、大会の開催によって発生する二酸化炭素(CO2)を実質ゼロにする取り組みを始めると明らかにした。都と埼玉県などもこの取り組みへの協力を発表した。

 組織委などによると、物資輸送や空調管理など大会開催に関わって排出されるCO2は約293万トンと推定。今後も…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです