メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府・与党

サマータイム可否検討 東京五輪暑さ対策で

 政府・与党は2020年の東京五輪・パラリンピックの暑さ対策として、国全体の時間を夏の間だけ早めるサマータイム(夏時間)の導入の可否について検討に入った。今夏の日本列島が酷暑に見舞われている状況を踏まえ、マラソンや競歩といった屋外競技の選手の体調に配慮する狙い。ただ実現性を疑問視する見方もあり、菅義偉官房長官は6日の記者会見で「国民の日常生活に影響が生じ、大会までの期間が2年と限られている」と否定的見解を示した。

 関係者が6日、明らかにした。政府・与党は導入した場合のメリット、デメリットを検証。必要と判断すれば…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文530文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです