メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

顔認証採用 選手や関係者ら30万人対象 競技会場、厳重警備

IDカードを用いて顔認証システムの実演を行うバレーボール日本代表の島村春世選手=東京都千代田区内で2018年8月7日、小林悠太撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会とNECは7日、選手や大会関係者が競技会場や選手村などに入る際の本人確認として顔認証システムの採用を決めたと発表した。組織委によると、顔認証の採用は五輪では初めてという。【小林悠太】

 厳重な警備が必要な区域に入る選手、大会役員、運営スタッフやボランティアなど約30万人超の…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです