メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

東京へのSTEP アジアパラを前に 障害の程度に応じ区分 「クラス偽装」後絶たず

 開幕まで2年あまりとなった2020年東京パラリンピックへのステップとなる総合大会、アジアパラ競技大会が10月6~13日、インドネシアの首都・ジャカルタで開催される。競技性の高まりと共に注目度が増したパラスポーツだが、障害の程度に応じて区分する「クラス分け」など課題は多い。アジアパラを前に、パラスポーツの現状を探った。【谷口拓未】

 「クラス分け次第で、金メダリストが並の選手になる可能性もある」

この記事は有料記事です。

残り1842文字(全文2040文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです