メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

東京へのSTEP アジアパラを前に 障害の程度に応じ区分 「クラス偽装」後絶たず

 開幕まで2年あまりとなった2020年東京パラリンピックへのステップとなる総合大会、アジアパラ競技大会が10月6~13日、インドネシアの首都・ジャカルタで開催される。競技性の高まりと共に注目度が増したパラスポーツだが、障害の程度に応じて区分する「クラス分け」など課題は多い。アジアパラを前に、パラスポーツの現状を探った。【谷口拓未】

 「クラス分け次第で、金メダリストが並の選手になる可能性もある」

この記事は有料記事です。

残り1842文字(全文2040文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです