メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

64年東京五輪・最終聖火ランナー、坂井さんの軌跡を紹介 三次で来月2日まで、トーチや写真パネル /広島

坂井義則氏が使った最終聖火トーチを見る広島県三次市の増田和俊市長=同市役所で、岡本幸信撮影

 三次市出身で1964年東京五輪の最終聖火ランナーを務めた坂井義則さん(1945-2014年)の軌跡を紹介する企画展が9月2日まで、同市十日市東4のサングリーンで開かれている。三次高の2年後輩で、県内を走った聖火ランナーの1人でもある増田和俊市長は、市役所で先行披露された最終聖火トーチを前に「懐かしくもあり、今度の東京五輪が間近に迫ったと感…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 東海第2原発 避難計画拒否を 石岡市長に市民団体 /茨城
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです