メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

64年東京五輪・最終聖火ランナー、坂井さんの軌跡を紹介 三次で来月2日まで、トーチや写真パネル /広島

坂井義則氏が使った最終聖火トーチを見る広島県三次市の増田和俊市長=同市役所で、岡本幸信撮影

 三次市出身で1964年東京五輪の最終聖火ランナーを務めた坂井義則さん(1945-2014年)の軌跡を紹介する企画展が9月2日まで、同市十日市東4のサングリーンで開かれている。三次高の2年後輩で、県内を走った聖火ランナーの1人でもある増田和俊市長は、市役所で先行披露された最終聖火トーチを前に「懐かしくもあり、今度の東京五輪が間近に迫ったと感…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 芸能 被害女性は新井容疑者を俳優と分からず 熟練セラピストでショックで店辞める(スポニチ)
  3. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  4. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです