メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

市松×伝統色 装飾デザイン「日本の美」

日本の五つの伝統色を用いた装飾デザイン例

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は17日、競技会場内外を含めた幅広い装飾に活用するデザインを公表した。大会エンブレム「組市松紋(くみいちまつもん)」を構成する四角形を組み合わせるとともに、日本の伝統色である「紅」「藍」「桜」「藤」「松葉」の5色を用いて日本らしさをアピールする。

 大会組織委によると、デザインには、平安…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文299文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
  4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです