メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

授業より五輪ボランティア通知 学生頼みの「国策動員」

リオ五輪テストイベントで、選手たちに声援を送るボランティア=ブラジル・リオデジャネイロで2015年8月2日、小川昌宏撮影

 <access>

 2020年東京五輪・パラリンピックのボランティア活動に学生の参加を促すため、スポーツ庁と文部科学省が全国の大学と高等専門学校に対し、大会期間中(7月24日~9月6日)に授業をしないよう暗に求める通知を出したことが波紋を広げている。学業よりボランティア優先なのか。当事者の学生や教職員の声に耳を傾けた。【和田浩幸】

この記事は有料記事です。

残り1926文字(全文2092文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  3. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです