メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

バリアフリーに助成金 共生社会ホストタウン、大分市が店舗改修工事経費 /大分

 2020年東京パラリンピックの共生社会ホストタウンに登録された大分市は、ユニバーサルデザインを推進する改修工事の経費を助成する。11月の大分国際車いすマラソン大会に間に合うよう、9月28日まで対象店舗を募集する。

 共生社会ホストタウンは、東京パラを契機に誰もが暮らしやすく訪れやすい都市を目指す国の…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです