メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

バリアフリーに助成金 共生社会ホストタウン、大分市が店舗改修工事経費 /大分

 2020年東京パラリンピックの共生社会ホストタウンに登録された大分市は、ユニバーサルデザインを推進する改修工事の経費を助成する。11月の大分国際車いすマラソン大会に間に合うよう、9月28日まで対象店舗を募集する。

 共生社会ホストタウンは、東京パラを契機に誰もが暮らしやすく訪れやすい都市を目指す国の…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです