メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

長官と語る・2020への決意 スポーツ庁・鈴木大地 野球日本代表監督・稲葉篤紀氏

鈴木大地スポーツ庁長官(左)が1988年のソウル五輪で獲得した金メダルを手に、記念写真に納まる野球日本代表の稲葉篤紀監督

「日の丸」重さ全然違う

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートや指導者と語り合う「長官と語る 2020への決意」の6回目は、野球の日本代表「侍ジャパン」を率いる稲葉篤紀監督(46)を迎えた。プロ野球のヤクルト、日本ハムの選手として日本一を経験した稲葉監督は、2008年北京五輪にも出場。五輪への思いやチーム作りに対する考えなどについて、長官と語り合った。【構成・細谷拓海、写真・藤井太郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」
  5. 公文書クライシス 首相公文書「保存ルールを」 福田氏、退任後も自身で管理

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです