メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

長官と語る・2020への決意 スポーツ庁・鈴木大地 野球日本代表監督・稲葉篤紀氏

鈴木大地スポーツ庁長官(左)が1988年のソウル五輪で獲得した金メダルを手に、記念写真に納まる野球日本代表の稲葉篤紀監督

「日の丸」重さ全然違う

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートや指導者と語り合う「長官と語る 2020への決意」の6回目は、野球の日本代表「侍ジャパン」を率いる稲葉篤紀監督(46)を迎えた。プロ野球のヤクルト、日本ハムの選手として日本一を経験した稲葉監督は、2008年北京五輪にも出場。五輪への思いやチーム作りに対する考えなどについて、長官と語り合った。【構成・細谷拓海、写真・藤井太郎】

この記事は有料記事です。

残り2822文字(全文3023文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです