メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

東京パラリンピック点描・2018夏/上 共に親しむ施設へ 整備追い風「専用」の線引きなくし

健常者の練習パートナー(左)の協力を得て、練習に励む車いすラグビーの選手=大阪府大東市のアクティブ・スクウェア・大東で7月21日、谷口拓未撮影

 草分け的な障害者スポーツ施設が今夏、大幅にリニューアルされた。1986年開館の東京都障害者総合スポーツセンター(北区)だ。「気軽にスポーツに触れられる機運を醸成したい。それこそが東京パラリンピックのレガシー(遺産)」

 そう説明したのは同センターの高山浩久スポーツ支援課長。老朽化した施設は、7月に50メートルから70メートルに延長した洋弓場などを備えた増築棟を整備し、国際基準に対応した。

 東京パラリンピックの開催決定を機に、体育館などの施設整備に追い風が吹いている。6月には、車いすラグ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校で800キロのひさし落下、けが人なし 大阪・松原
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです