メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

東京パラリンピック点描・2018夏/上 共に親しむ施設へ 整備追い風「専用」の線引きなくし

健常者の練習パートナー(左)の協力を得て、練習に励む車いすラグビーの選手=大阪府大東市のアクティブ・スクウェア・大東で7月21日、谷口拓未撮影

 草分け的な障害者スポーツ施設が今夏、大幅にリニューアルされた。1986年開館の東京都障害者総合スポーツセンター(北区)だ。「気軽にスポーツに触れられる機運を醸成したい。それこそが東京パラリンピックのレガシー(遺産)」

 そう説明したのは同センターの高山浩久スポーツ支援課長。老朽化した施設は、7月に50メートルから70メートルに延長した洋弓場などを備えた増築棟を整備し、国際基準に対応した。

 東京パラリンピックの開催決定を機に、体育館などの施設整備に追い風が吹いている。6月には、車いすラグ…

この記事は有料記事です。

残り1298文字(全文1543文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです