メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

東京パラリンピック点描・2018夏/中 友の導き、パラ転向 「共生」経験、決意後押し

パラ競泳に転向した辻内彩野選手(左)。親友の森下友紀選手と共に2020年東京パラリンピックを目指している=東京都豊島区で2018年7月26日、藤井達也撮影

 パラ競泳のパンパシフィック選手権(8月、オーストラリア)で5個のメダルを獲得した辻内彩野選手(21)は、かつて健常者として全国高校総体にも出場した実力者だ。パラスポーツへの「転向」を後押ししたのは、親友の誘いだった。

 高校卒業を間近に控えた3年前の春。千葉・昭和学院高水泳部のチームメート、森下友紀選手(21)とカラオケ店に行った。森下選手は生まれつき左腕の肘から先がないが、競泳大会では健常者と互角以上に渡り合っていた。

 その頃、目が見えにくくなっていた辻内選手は、リモコンのタッチパネルに表示される歌詞に顔を近づけなが…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1160文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです