メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

開幕まで2年 メダル狙うシッティングバレーボール 大舞台へ「より強く」

シッティングバレー女子日本代表のホープとして期待される波田みか=東京都台東区で5日、玉城達郎撮影

 2020年東京パラリンピックで日本初のメダルを狙うシッティングバレーボール。女子日本代表のホープとして期待されているのが、17歳の波田(はた)みか(埼玉・朝霞西高2年)だ。25日で開幕まで2年となる東京パラリンピックに向け、「技術を磨いて試合に出られるようになりたい」と大舞台でプレーすることを目指している。【高橋秀明】

この記事は有料記事です。

残り2608文字(全文2769文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです