メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

開幕まで2年 陸上と競泳、パラでも男女混合 障害の程度・種類異なる4人

競泳・混合400メートルリレー(視覚障害)

 2020年東京パラリンピックは25日で開幕まで2年。大会は22競技で過去最多の540種目が行われる。このうち陸上と競泳では初めて男女混合リレーを採用。障害の程度や種類の異なる男女計4選手でチームを編成する。出場する国・地域の「総合力」も問われる舞台になる。

 採用されたのは、陸上が400メートルメドレーリレー、競泳は視覚障害と知的障害の各400メートルリレーの計3種目。東京五輪も男女混合種目を大幅に増やしており、参加選手の総枠を増やさずに魅力のある種目を増やす流れに沿った形になった。

 陸上の混合リレーは、男女2人ずつでチームを組む。リレーの順番は、(1)視覚障害(2)切断など(3)…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです